科学の信頼性


僕達が何事に対しても、無意識的な安心感をもって日常生活をおくれる要因の一つに、「科学的に証明されている」ということがあると思います。


例えば、処方された薬を飲むとき、科学的に効能が証明されていて、副作用なども考慮された上で製造されているという信頼があるからこそ、僕達は躊躇無しに薬をのむことができます。


世界中の大部分の方は、この科学的根拠に体を預けていると思います。それはとても自然なことですし、それによって生じる支障は、得られる恩恵と比較すればゼロにも等しいでしょう。


f:id:ikashiya:20170717232121j:plain


科学の範疇


ただ、科学的に解明されていないことが多いのも事実です。いわゆるハードプロブレム、クオリアや哲学的ゾンビ、夢を見る理由や麻酔の原理。全体像として解明されていないものは山程あります。


科学的に解明されていないことには2種類あると考えています。

  1. 現代の技術では解明できないもの。
  2. そもそも科学の範疇ではないもの。


1は今後解明される可能性があるものと言い換えることができます。実は2に関しても、科学の範疇が広がることを考慮すれば、同じように置換できるのですが、1に比べると確率が低いことは想像に難くないと思います。


科学の範疇と書きましたが、その外は何かというと、森羅万象です。森羅万象の中に人間が科学で説明できる範疇が存在しているという認識です。


森羅万象の一部分が科学で説明ができる。では、科学は何を根拠にしているのでしょうか。

f:id:ikashiya:20160402191008j:plain


科学は何を根拠にしているのか


慣性の法則を例にしてみましょう。停止している車に乗っている人間は、当然ながら静止しています。車が急発車すると、乗車している人間は後ろに引っ張られるように感じます。また、走っている車が急停止をすると、乗車している人間は前のめりになります。これを科学的に解明すると、「すべての物体は、外部から力を加えられない限り、静止している物体は静止状態を続け、運動している物体は等速直線運動を続ける。」となり、慣性の法則として提唱されています。


では、なぜ「すべての物体は、外部から力を加えられない限り、静止している物体は静止状態を続け、運動している物体は等速直線運動を続ける。」のでしょうか。何を根拠にそう言っているのでしょうか。


答えを一言で言うならば「経験則」です。「この状態でこうすればどうやらこうなるらしい」ということです。そういうふうにできてる、こうなっている、そういうふうに説明することしかできない。こうして観測されたものを、科学は礎にしているのです。


なぜ運動量は保存されるの。なぜ質量を持つ物質の間に引力が生じるの。考えてみれば、科学的根拠の行き着く先はいつも曖昧なものです。我々の観測可能域に関して、そういうふうにできてるとしか言いようがありません。ここで線引されるのが科学の範疇です。


観測域が広がり、例えば仮説上の素粒子が発見されたとしても、「じゃあなんでその素粒子があるとそうなるの?」と問われれば、「そういうふうになってるの!」としか言いようがありません。つまり、科学的な根拠の行き着く先は、いつも観測に基づく経験則になります


経験則そのものに合理的な説明はできませんし、合理的な説明ができなくても、科学論理として取り扱うことができるのです。なぜなら、我々の観測可能域においては問題なく、そういうふうにできているのですから。


f:id:ikashiya:20170717232122j:plain


科学の範疇外について


ここまでくればもう1つ疑問が湧いてきます。それは、「科学の範疇外についてはどのようになっているのか。」です。とりわけ、人類がその人智を尽くして、科学、哲学をもって挑んでも辿りつけない問題の答え、これがその観測の範疇外にはあります。少なくとも現代においてはですが。クオリアをはじめとする諸問題の答えがそこにはあると思っています。


それではこの範疇外を知るにはどうすれば良いのか。観測の範疇内にいれればよいのです。観測というからには、観測者が存在します。観測の範囲は観測者によって決定されます。


これまで人類は、科学の範疇内の観測者を用いて、科学の範疇外を観測してきました。観測されたこれまで範疇外だったものは、これからは範疇内のものになります。これを繰り返して、人類は科学の範疇を広げてきました。用いられた「科学の範疇内の観測者」は時に機械であり、時に人間の思考です。


機械を用いて地道に範囲を広げるのか、はたまた人間が突拍子もないことを思いついて、飛躍的にある問題の答えに辿り着くのか。自分が生きている間に、科学の範疇がより拡大されて多くのことが分かるようになっていることを願いつつ、願わくば自分も観測者でありたいものです。


※僕は科学、哲学に関してとりわけ詳しい専門的な知識を有しているわけではありません。稚拙な部分はご容赦ください。

買ったけど飽きて使わなくなっちゃものは買いたくない。でも買って使うまで飽きるかどうかわからない。テレビは飽きた。座椅子は飽きない。ナンプラーは飽きた。炊飯器は飽きない。米は飽きない。

 

http://anond.hatelabo.jp/20131201134355

 

 名倉さんかな?

 

今日遊んだコードはこれ

package main

import (
	"github.com/lxn/walk"
	. "github.com/lxn/walk/declarative"
)
import (
	_ "go.image/bmp"
)
import (
	"fmt"
	"image"
	"image/color"
	"os"
	"log"
)

func imgfromfilename(filename string) (img image.Image, err error) {
	file, err := os.Open(filename)
	if err != nil {
		return nil, err
	}
	defer file.Close()
	img,_, err = image.Decode(file)
	if err != nil {
		fmt.Println("Decode")
		return nil, err
	}
	return img, nil
}

type myimage struct {
	img image.Image
}
func (mi myimage) ColorModel() color.Model {
	return mi.img.ColorModel()
}
func (mi myimage) Bounds() image.Rectangle {
	return mi.img.Bounds()
}
func (mi myimage) At(x, y int) color.Color {
	col := mi.img.At(x, y)

	r, g, b, _ := col.RGBA()
	return  color.RGBA{uint8(r+0xff), uint8(g)^0xff ,
		uint8(0x88- uint8(b)) , uint8(0xff)}
}
	
func main() {
	var iv *walk.ImageView
	
	img, err := imgfromfilename("../tombo_big2.bmp")
	if err != nil {
		log.Fatal(err)
		return
	}

	myimg := myimage{img}

	bitmap, err := walk.NewBitmapFromImage(myimg)
	if err != nil {
		fmt.Println("NewBitmapFromImage")
		log.Fatal(err)
		return
	}
	imgsize := bitmap.Size()
	
	MainWindow{
		Title: "hello",
		Size: Size{
			Width: imgsize.Width,
			Height: imgsize.Height,
		},
		Layout: VBox{
			MarginsZero: true,
		},
		Children: []Widget {
			ImageView {
				AssignTo: &iv,
				Image: bitmap,
				MaxSize: Size{
					Width: imgsize.Width,
					Height: imgsize.Height,
				},
				MinSize: Size{
					Width: imgsize.Width,
					Height: imgsize.Height,
				},
			},
		},
	}.Run()
}

下準備

このコードを動かす前に、ちょっとだけ下準備がいった。
goの標準ライブラリでは、bmpは扱わなくなったっぽい
というわけで、それをとってこようとがんばってみる。
んで、ここを探すと、

hg clone https://code.google.com/p/go.image/ 

ってやれって書いてあって、もちろんhgなんてコマンド入っていないわけで、ここからとってきた。僕が入れたのは、Setup installer の does not admin rights というの。adminで入れるのは極力避けたい。
で、適当にインストールして、hgコマンドでとってきた。とってきた先のディレクトリは、
%GOPATH%srcの下。とりあえずこの辺においておいた。

コードの説明

import宣言で、さっきとってきたgo.image/bmpを読み込む。
どうも読み込むだけで、image.Decode()とすれば、bmpだったらそのデータを読み込んでくれた。なので、"_"がついている。

imgfromfilename()で、ファイルからimage.Imageのデータに変換。
それだけでは面白くないので、自分でmyimage{}構造体を作って、変換してみた。
このやり方は、チュートリアルの練習問題にあったので、それを真似てやってみた。
そうやって作った、image.Image型のデータを、walk.NewBitmapFromImage(myimg)として*Bitmap型に変換。これはwalk.Image型としてImageView構造体のImageにそのままつっこめる。

今まで面倒くさかったのでやってなかったエラーチェックを適当にしているが、うまく動かなかった名残。
ちなみにうまく動かなかった原因は、bmpファイルがサポートされてない形式のものだったかららしい。一度gimpで読み込んでエクスポートして、その際に、互換性のところの、「色空間の情報を書き込まない」にチェックを入れたらうまくいった。なので、"tombo_big2.bmp"となってる。

って、ここまでやってきたが、image.Image型を通さなくても実は*Bitmap型を適当にいじったりできないんかなぁ。。
そのうちやってみよう。

彼女いない暦=年齢の30すぎのおっさんだけど

23歳になるまでは人並みに彼女を望み

26までは誰でもいいから彼女になってくれる人を望み

30になるまでは、もし彼女になってくれる人がいたら出来る限りの望みはかなえてあげようと思い

30すぎた今では、もし自分のことを好きになってくれる人が現れたら

ぶん殴ってでも嫌われてやろうと思う。

 

http://anond.hatelabo.jp/20140309190002

 

 

こころのポエム

 

 

今日は前の会社の顧客との定例会。

レッスンを受けているため、スイングのことで頭がいっぱい。混乱してどのようにテイクバックしていよいのかわからなくなってしまった。 いきなりチョロからスタート。覚悟していたこととはいえ悲しい。我慢我慢。

IMG_0202.jpg

それにしても低くテイクバックする今のスイングだと出球が左に出るが、軽いドロー系の球になる。そのために今日の被害が拡大したわけだが、チーピンとは明らかに異なり、出球の方向以外はいい球である。出球を如何にまっすぐするか、明日は打ちっぱなしにいってハーフスイングの練習で確認しよう。

昨日、マクロビのレシピで切り干し大根の煮物と昆布と生姜の煮物を作りました。さっと水で洗って煮込みながら柔らかくする ちょっと変わった作り方です。冷凍して常備薬に♪

from SKE48まとめろぐっ!『SKE48流行語大賞2016』ノミネート100語を発表いたします

SKE48まとめろぐっ!『SKE48流行語大賞2016』ノミネート100語を発表いたします

531f20ed-s

SKE48まとめろぐっ!管理人です。

たくさんのご応募ありがとうございました!
記事へのコメント、#SKE流行語へのツイート等の中から管理人とサポーターの皆様で”100″語をノミネートいたしました。
お手伝いいただきました方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。

このノミネート一覧の発表後、本家の流行語大賞にならって年間大賞とトップテンを選出します。

「SKE48まとめろぐっ!Twitter(@ske48matomelog)」にて100語をツイートしております。
そのツイートの12月9日深夜0時頃の”リツイート数”と”お気に入り”の合計値の高い方から年間大賞、およびトップテンといたします。
トップテンに入ったからといって何もありませんが、お楽しみいただけましたら幸いです。

投票はこちらから!
【001-050】
【051-051】

続きを読む


Acquisition source

Copyright © 2016 AKB・SKE・NMB・HKT All Rights Reserved.

 → 続きはこちら http://bit.ly/2gQCWUl

日本に一時帰国前にホームで2戦。

最近、雨季の終わりで雨が多いが、幸い土曜日、日曜日とも快晴。同じくらいの腕の人たちと楽しく回れた。

ただ、アプローチとパットは最低。ショットはそんなに悪くないのに、、、結局、いつものあたりのスコアとなった。

ショットは長年の課題の下半身始動が出来るようになり手振りから脱却しつつある(^^♪

ショットの練習ばかりしていたが、せっかくRSBCにチップとパッティンググリーンの練習場があるのでアプローチとパット練習も地道に取り入れたい。

あと、ショットでは、ウッド系がいいとアイアンがダフりだす。アイアンがいいとウッド系はフケ玉に、、、、何か原因があるような気がする。

それにしても雨季のせいかジェムスのグリーンが遅過ぎるように感じた。これも下手の言い訳か(-_-;)

水曜日から2年ぶりの日本。家族とぼーっと自宅で過ごす予定。