社会福祉に取り組んでいる財務省OB 全国盲ろう者協会 真砂靖理事長(元事務次官) #頑張れ大蔵省

 

  • #盲ろう者
  • #心のバリアフリー
  • #全国盲ろう者協会
  • #財務省
  • #真砂靖
  • #事務次官
  • #頑張れ大蔵省

 

 

アマチュア財務省ウォッチャーを自称しておきながら、真砂元事務次官が現在、全国盲ろう者協会の理事長を勤めているとは初めて知りました。

 

というか、退官後も社会福祉活動に取り組んでいる財務官僚って初めて見た気が

 

財務官僚と言えば、「社会保障の持続性が~」、「将来世代への負担が~」などの大義名分を振りかざすのが常ですが、よくよく考えると、真砂さんのように退官後も、社会福祉活動などに取り組んでいる人は見た記憶がないですね。

 

結局、「社会保障が~」も「将来世代への負担が~」も、お役所仕事の一環で、退官すれば、「知ったことではない」という事なんでしょうか。

  

たぶん、香川事務次官が存命だったら、何かしらの社会活動に従事されていたかもしれませんね・・・。

 

出来る事なら、こういう活動にこそ、元財務官僚という看板を活かしてもらいたいものです。

  

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 2017年5月18日 No.3315

http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2017/0518_11.html

 

f:id:ScorpionsUFOMSG:20170615024616j:plain

コミュニケーションを通じた「心のバリアフリー」を-1%クラブ講演会を開催

1%(ワンパーセント)クラブ(二宮雅也会長)は4月21日、東京・大手町の経団連会館で講演会を開催した。盲ろう者(視覚、聴覚の両方に障がいのある人)として初めて常勤の大学教員となった、東京大学先端科学技術研究センターの福島智教授が、自身の体験をもとに東京オリンピック・パラリンピックに向けたバリアフリー社会の構築について講演を行った。
 

開会あいさつで二宮会長は、福島教授が25年前に1%クラブで障がいのある人もボランティアの支援があれば孤立せず同じ世界につながれると述べていたことを紹介し、「誰一人取り残さない」ことを掲げる国連のSDGs(持続可能な開発目標)との目的の共通性を指摘した。そのうえで、すべての人がよりよい未来をつくるには、企業の「イノベーションの力」が重要だと述べた。

福島教授の講演の概要は次のとおり。

■ 盲ろう者とコミュニケーション

目と耳が不自由であることは、テレビに例えると、音と映像の両方が切断された状態だ。私が18歳で盲ろう者となった時、コミュニケーションが閉ざされたことが特にショックであった。相手の反応だけでなく、そこに人がいるのかどうかもわからず、世界のなかで自分だけが取り残されたような孤独を感じた。しかし、指点字というコミュニケーション手段を得たことで、再び他者とつながることができた。

盲ろう者は思いを発することが難しく、判断に必要な情報を得ることもできず、支援の網から漏れることもある。全国に盲ろう者が推定2万人いるとされているのに対し、国内唯一の支援組織である全国盲ろう者協会の登録者は1000人にすぎない。盲ろう者になった後に医学的に対処できることは限られているが、コミュニケーションを通じて人と結びつくことで、彼らの生活は豊かになる。

■ オリンピック・パラリンピックに向けたバリアフリー

コミュニケーションを取るうえで障壁がある点で、外国人と盲ろう者は共通している。

オリンピック・パラリンピック開催に向け、内閣官房の「ユニバーサルデザイン2020関係府省等連絡会議心のバリアフリー分科会」に有識者として参加した。私は、ハード面でのバリアフリーも重要だが「コミュニケーションのバリアを取り除き人と人がつながること」が重要だと考える。そのためには、各自が周囲の人とコミュニケーションが取れているか、職場や家庭、近所での対応をいま一度振り返ってみてほしい。日常の対応が洗練されれば、外国人とのふれあいにも活きてくるだろう。

◇◇◇

続いて、全国盲ろう者協会の真砂靖理事長が、盲ろう者や家族に対する相談や自立訓練支援、通訳・介助員養成、タイプライター貸出等、同協会が行う盲ろう者支援について説明を行うとともに、参加者に対し活動への協力を呼びかけた。

講演を受けて二宮会長は、福島教授がその著書で「絶望=苦悩-意味」というヴィクトール・フランクル(注)の公式を「意味=苦悩+希望」と変形し、希望があれば苦悩があっても生きる意味を見いだせるとしたこと、その一方で苦悩のなかで生きることはつらく、その理由を問いかけても沈黙が返ってくるだけと、かつて遠藤周作が代表作『沈黙』で記したことに触れ、コミュニケーションこそが生きる実感を得て苦悩と沈黙を乗り越える力になるのではないかと所感を語った。そのうえで、コミュニケーションが持つ深い意味をあらためて問い直したいと述べ、会合を締めくくった。

◇◇◇

全国盲ろう者協会の活動は会費や寄付に支えられている。協会に関する情報・問い合わせは同会ホームページ(http://www.jdba.or.jp/)を参照。

 

-理事長挨拶-

社会福祉法人全国盲ろう者協会
理事長 真砂 靖(まなご やすし)

 

 全国盲ろう者協会が、盲ろう者支援のための通訳・介助員の養成や派遣事業などを行うことを目的として設立され、四半世紀が経ちました。この間、先人たちの弛まぬ努力により、視覚と聴覚の重複障害である「盲ろう」という言葉がようやく少しは知られるようになり、又、アメリカのヘレン・ケラー・ナショナルセンター(注)のような盲ろう者のためのセンターを我が国にも作るための調査研究も始まっています。
 
 それでも、まだまだやるべきことが山積しています。協会に登録している盲ろう者は、約1,000名です。また、通訳・介助員のサービスを利用している盲ろう者も、全国で約1000名に過ぎません。協会が、身体障害者手帳に基づき行った平成24年度の調査によれば、視覚と聴覚の重複障害者は全国に少なくとも1万4000人という結果です。また、盲ろう者であっても、視覚と聴覚の両方の手帳を所持していない人もいるので、実態はもっと多いとも言われています。仮に、1万4000人を前提としても、一割未満の登録率であり、通訳・介助サービスの利用率です。もっと多くの盲ろう者が、コミュニケーションや移動の支援を得て、社会参加を進めていく必要があります。
 
 協会は、有志の方々の会費・寄付によって支えられていますが、今の活動でも、赤字が発生しています。私は公務員時代、社会保障予算を担当したことがあります。社会保障予算は、最大の予算項目で、30兆円に上ります。にもかかわらず、本当に困っている分野には、その対象人数が少ないこともあってか、充分に光があたっていないのが実情です。
 
 皆様のご理解とご協力が盲ろう者の生きることを支え、その社会参加を可能にします。
 協会へのご支援をお願い申し上げます。
 

(注)有名なヘレン・ケラーは、視覚・聴覚の両方を失い、多くの場合発声も困難でした。そのすさまじいハンディを克服して、世界の障害者に夢と希望を、そして健常者に感動を与えました。その陰には、彼女自身の努力と才能もさることながら、サリバン先生の献身的な支えがありました。ヘレン・ケラー・ナショナルセンターは、皆でこのサリバン先生の役割を担おうと、アメリカに設立された盲ろう者の支援施設です。

(弁護士・元財務事務次官)

 

PS:真砂さんに全国盲ろう協会理事長としてチャンネルくららにご出演頂いて、盲ろうの現状を伝えて頂く等々ができればいいですね。