4分5秒で話は決まる ビジネス成功のための印象戦略 (朝日新書)/山川碧子

¥735

Amazon.co.jp

2011年34冊目

【要約】

「4分5秒?。。中途半端な時間やなぁ~」と本屋で見かけたのが第一印象。

その時は手にとらなかったんですが、後日、著者の方から読者登録申請が!

これをきっかけに本書を読みました。

普段なら、自分にはあまり関係ないと素通りしそうな本でしたが、こういうきっかけで読んで視野を広げるのも好きです。

著者様のサイトです。

国際イメージコンサルタントのイメージな日々 ~ビジネス一線で活躍する方々へ~

著者は「国際イメージコンサルタント」という、主に経営者や会社役員などのビジネスパーソンに身だしなみ、立ち居振る舞いをアドバイスをされている方です。

なぜ4分5秒なのか?

初対面の人に対する第一印象は

①服装などのパッと見で判断する「5秒間の短期的な印象」と②その後のに続くコミュニケーションによって判断する「4分後の永続性のある印象」に分かれていると著者

この①+②で4分5秒で第一印象は決まると言っておられます。

また、5秒間の見た目は良いに越したことはないが、より重要なのは後の4分での印象でこれには永続性があるという。

つまり、見た目で失敗しても、あとの4分で「あ、この人は話してみると○○な人なんだな」という良い印象を与えるのが大事とのこと。

この本では、最初の5秒にいい印象を与えるための基本的な身だしなみの心得や後の4分を決める立ち居振る舞いのマナー、NG集などが盛り込まれています。

実は私は技術職というのもあり、会社の行き帰りは普段着(ジーパンetc.)ですし、スーツを着るのは1年に数回なんで、すぐに使える実践という訳にはいきません。逆に言うと、社会人として、そういう常識が少ない気もしていたので、非常に勉強になりました。

この本は、営業職の方やお偉いさんには非常にオススメだと思います。

私もスーツを着る際、買う際には、この本を再読したいと思います。

ビジネスの身だしなみ、立ち居振る舞い以外にも日頃から気をつけるべきことが書かれています。

例えば、姿勢を良くし、よい印象を与えるには

1.背筋を伸ばす

2.胸を張る

3.アゴを引く

シンプルなことだけどできていないです。明日から実践します。

【総合評価】

★★★★☆

ブログを書くことでこのような本と出会えたことに感謝です。これから色んな本に出会ってみたいです。