論文アレルギーの人の入り口になるかも!?

 医学論文と聞くと少し難しい顔をしてしまいますが、ここにはあんまり勉強熱心じゃない私でも、楽しく読めるネタが紹介されています。臨床に使える知識かっていうとそうではないですが(この本の前書きに記載されています)、一つの本として医学論文を楽しめるような一冊になっています。

目次を見てみることをお勧めします

 個人的には、『体温13.7℃の状態から生還した女性』『床に落ちた食べ物は安全?—「5秒ルール」の妥当性』『ギャンブルと心拍数の関係』『雪崩からの生還—氏は18分間待ってくれる』あたりが興味深かったです。まだまだ面白そうな文献が並んでいるので、気になる方は目次だけでも見てみるといいですね。

 それにしても、研究するだけで結構大変なのに、世の中には色々な人がいるもんだなぁと感心しながら読み進めることができました。

 

続編

 好評だったようで続編も販売されているようです。続編に関してはまだ手に取ったことがないので、時間があるときに読んでみようと思います。それにしても、こんなにネタがあるなんてすごいと持ってしまうのは私だけでしょうか笑

執筆者ブログ

 この本を執筆された先生は、もともとブログで医学論文などの紹介をされていたようです。面白い本を執筆されていることからもわかるように、楽しくわかりやすく解説されているので要チェックですね。

pulmonary.exblog.jp