視線恐怖症とは、自分の視線が相手に不快感を与えるのではと心配になり、相手のどこを見たらよいか解らずにいたたまれなくなる自己視線恐怖症や、自分の姿や行動が他人には変に見られていないかどうか不安になる他者視線恐怖症、他に相手と目を合わせて会話することに恐怖を感じる正視恐怖症など種類が分かれています。

人は恐怖を感じると、目を逸らすといった本能がありますが、視線恐怖症の場合は自分の視線のやり場や他者からの視線に緊張したり不安に感じたりなど、多くある恐怖症の中でも「視線」という対象と頻度が高いものだけに、視線恐怖症チェック項目として説明した上記の症状に当てはまる方は、克服に向けての改善策を真剣に探している方も多くいらっしゃると思います。

視線恐怖症の原因は様々ですが、ある種の劣等感を感じている場合に起こることが多いそうです。



恐怖症の克服法の詳細はこちら(http://matome0.sblo.jp/article/176926565.html)



 自己視線恐怖症や他者視線恐怖症の克服には、カウンセリングを受けてじっくりと改善していく方法が一般的ですが、最近では短期間に自分で視線恐怖症を克服できる優れたプログラムが開発されていますので参考にしてください。


高所恐怖症は実に3割の方が抱いている恐怖症で、ビルやつり橋、東京タワーなどの高いところに行くと足がすくんだり腰が引けて動けなくなる症状があります。

一般の方の高所恐怖症と本格的な(日本語が変ですが)高所恐怖症の方の違いは、人間が危険を回避するために高所に身を置くと恐怖を感じてしまうのは本能のメカニズムとして備わっているものですが、高所恐怖症の方の原因は高所で足がすくんだり鼓動が早くなったりの症状が起こったときに、その症状が脳に伝わる際に恐怖が増幅されることで理性を失ってしまうほどのひどい恐怖をイメージしてしまうことにあります。

高所恐怖症ですと美しい夜景や行楽スポットなども楽しめずに、辛い時間となってしまうため高所恐怖症を治すための治療法を真剣に検討されている方も多いことでしょう。

高所恐怖症に限らず、多くの恐怖症は恐怖を感じる対象に対して、それほど長い間ピーク時の恐怖を感じ続けることはなく、その場に10分ほどいると恐怖の度合いは少しずつ下がってきます。高所恐怖症の治療には、いきなり高すぎる場所を克服しようとせずに少しずつ恐怖のイメージが増幅して理性を失わない程度の場所から慣れていき、自信をつけることで克服することができるとの実験結果もあります。

高所恐怖症を本格的に治療したい方は、心理学や催眠療法に基づいたプロが作成した高所恐怖症の克服法プログラムがありますので、効果があると定評のある治し方を3種類ご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。