一年戦争開戦当初、シャアが父ジオンの思想についてどのように考察していたのかは原作アニメから読み取る事は難しい。公式設定とはやや乖離するのを承知の上でジ・オリジンの描写から推測するに、あまり強い共感を得ていたとは思われない。作中シャアはジオニズムについて「不遇な人々の負け惜しみだと思っていた」と切り捨てている。

 

しかしニュータイプの少女、ララァ・スンと出会う事で彼に大きな変化が生じる。ララァの素晴らしい能力と精神性を見た彼は、父の言うニュータイプの時代の変革・人類の革新が将来起こりうると確信するに至る。以後彼は終生をかけ、ニュータイプ主導の人類の革新という理想を追求することとなった。

 

一方で一年戦争の最中、ララァとアムロがニュータイプ同士の深い共感を成し遂げたこと、シャア自身はその蚊帳の外に置かれたこと。結果的にアムロにララァを殺害されたことから、シャアはアムロに対し終生拭いえぬ深い劣等感と憎悪を抱く事になってしまう。シロッコ評する所の「ニュータイプのなり損ない」であるシャアは、その事への劣等感に最後まで拘束され続けることになった。

 

大戦後、アクシズに逃れたシャアはここで優れたニュータイプ能力を持つ少女と出会う。ハマーン・カーンである。新時代を導くのはララァ同様の完成されたニュータイプだと確信するとともにニュータイプのなり損ないだと自ら自覚する彼は、ハマーンをアクシズの指導者に推挙する。こうした彼の行動はララァとの出会い以後常に一貫しており、ララァに指揮権を委ねる、アムロを同志に誘う、カミーユに「新しい時代を作るのは老人ではない」と自分の年齢も考えず発言するなど、シャアは最後までオールドタイプであるとの自覚の元、完成されたニュータイプの裏方に徹しようとした。

 

しかしシャアの周囲はシャアのそのような考えとは無関係に、彼に指導者である事を要求し始める。ジオン・ダイクンの嫡男としての血統とジオンのシャアとしての名声がシャアの思想とは無関係にそれを要求し始める。周囲のそうした声に抗し切れず、ついに彼はダカールの演壇に立たされる事となるのだ。

 

しかし彼がそこで見たのは連邦の腐敗と人々の変えられぬエゴ、そして彼が新時代の旗手として誰よりも期待していた若者=カミーユの崩壊であった。深い絶望の末、シャアは戦乱の中人々の前から姿を消す。

 

シャアは最終的な結論をこう下す。人類の革新を、連邦内部から政治的な手段で平和的に進める事は不可能である、と。暴力的・強制的に全人類を宇宙に移住させる以外、ニュータイプ主導の社会など成立しないと。そしてシャアが準備する事が可能な軍事力では連邦軍を正面から打ち破って征服する、というかつてギレン・ザビが用いた(そして敗北した)手段は不可能であった。シャアは奇襲的に小惑星を地球に落下させ、地球人類を粛清するという手段によってのみ、それが可能であるとの結論に到達する・・・。